食生活[脂性肌]

食生活を改善しよう

食事を見直して身体の内側から肌を整える

身体を作っているのは食べ物です。
ですから食べたものが直接肌にも影響してきます。

 

自分の食生活に心あたりがあれば改善しましょう。

 

脂っこいものは控えよう

 

食べたもので身体が作れられているのですから食事は肌に少なからず影響してきます。

 

特に脂っこいものが好きな人は要注意。
お菓子、揚げ物、焼肉、ファストフード。いかにも油がたくさんの食べ物です。
これらを食べた翌日から数日間は肌の調子が良くないという声をよく聞きます。

 

聞いただけでなんだか脂っぽいしニキビができそうですよね。
もちろん体にも良くないですから控えるようにしましょう。

 

レトルト食品の食べすぎも

レトルト食品には添加物が入っていますので肌には良くないようです。
もちろんたまに食べる分には問題ありませんが食べすぎはよくありません。

 

できるだけ手作りのご飯を食べるようにしましょう。
それでも忙しくてなかなか…という方は食事の中にコンビニのサラダを一品くわえてみてもいいと思います。

 

白砂糖がシミ・シワの原因に?

 

「白砂糖シミ」という言葉が話題になっています。

 

お菓子や料理に使う白い砂糖を摂りすぎることで耳の前や頬の上辺りにシミができてくると言われています。
白砂糖を取り過ぎるとリポフスチンという物質が分泌し、これが紫外線を吸収しやすくしシミや黒ずみができると言われているのです。

 

また白砂糖を体内で消化する際に赤血球や細胞を破壊してしまい、体内のミネラルやカルシウムまで消耗してしまうため老廃物が体内に残ってしまいます。
そのためウィルスが発生しやすい体になり、栄養が肌に行き渡らず肌荒れの原因となったり、ニキビの元となるアクネ菌を増殖させたりしてしまうのです。

 

白砂糖が使われている市販のお菓子や料理の際はきび砂糖や三温糖を使用するようにしましょう。

 

野菜を食べよう!

野菜

モデルの方が美容のためにしていることとして「野菜をたくさん食べる」と挙げている人が多いですよね。

 

一般的に肌にはビタミンがいいといわれています。
抗酸化物質であるビタミンは、摂取することで身体を老化させる活性酸素を取り除いてくれます。
できれば一日に多くの野菜を摂ることが好ましいですが、難しい場合はミキサーで数種類の野菜をスムージーなどにして飲むと一度に多くの野菜が摂取できていいですよ。

 

知られていない噛むことの大切さ

噛むことは美容の鉄則。

 

「よく噛んで食べること」は身体にとって良い影響をたくさん及ぼします。もちろん肌にも。

若返りホルモンが分泌される

よく噛むことで唾液の分泌量が増えます。
その中の「パロチン」という若返りホルモンとも呼ばれる唾液たんぱく質は、肌のハリやみずみずしさを保つ働きをします。
またEGF (表皮成長因子)というものも含まれていて皮膚の細胞分裂を助ける働きをするといわれています。

 

つまりよく噛むことでこの「パロチン」と「 EGF (表皮成長因子) 」がたくさん分泌されて美肌づくりをサポートしてくれます。
他にも

  • 顔のたるみ予防
  • 小顔効果
  • 太りにくくなる

 

などの効果が期待できます。

 

普段の生活では忘れがちですが、少し意識して食事をしてみましょう。