オイリー肌の保湿方法

インナードライ肌改善のためのポイント

インナードライ肌とは

思春期をすぎたオイリー肌の人はインナードライ肌である可能性が高いです。

 

インナードライ肌とは、水分と油分のバランスが悪く油分を過剰に分泌してしましまう状態です。
つまり肌が脂っぽくなるのは肌に水分が足りてない証拠なのです。

 

オイリー肌で悩む人のほとんどが実はこのインナードライ肌であるという場合がほとんどですがあまり自覚がなく、とりあえずサッパリ系の化粧水を使っておくという方が多いのです。

 

インナードライ肌はまず保湿をしっかりすることが重要なポイントになってきます。

インナードライ肌改善のためのポイント

まず充分に肌に水分を与えてあげることを一番に意識しましょう。

 

セラミド配合の保湿アイテムを使う

肌のバランスが乱れている部分から肌内部のセラミドが流出してしまっているからなんです。

 

セラミドとは?

細胞間脂質といって肌内部で水分量を確保してくれているものです。 これが不足するといくら化粧水や乳液をつけても乾燥してしまうのです。

 

セラミドは、ヒアルロン酸やコラーゲンと比べても格段に高い保湿力を持ちます。 それを肌に与えることで肌の水分量は格段にアップします。

 

乳液より美容液を使う

オイリー肌では、油分を補う乳液よりも美容液に重きをおいてください。

 

参考:オイリー肌に乳液は必要?

 

化粧水の後、セラミド入りの美容液を使うのがいいと思います。

 

セラミド入りのものは年齢肌が気になる人へなどと記載されている場合が多いですが、インナードライ肌の人には年齢は気にせず使ってOKです。

 

 

ローションパックよりパッティング

インナードライ肌の人にローションパックはおすすめしません

 

長時間水分を与えすぎることで逆に乾燥を引き起こす可能性があります。 化粧水を手で何回も押し当てて馴染ませてあげましょう。いわゆるパッティングです。

 

できればインナードライ用の化粧水を使うようにしましょう。
価格はあまり気にせず惜しみなくたっぷりの量を使えるものを選びましょう。